食品安全マネジメントシステム審査(ISO22000)

  • セミナーリスト
  • お問い合わせ
  • 見積り・申し込み

食品安全マネジメントシステム導入の必要性

(1)ISO 22000導入の必要性
ISO 22000は、HACCPの食品衛生管理手法をもとに、国内にとどまらず世界中の消費者に、より安全性の高い食品の提供を可能にする食品安全マネジメントシステムの国際規格です。
消費者の食品安全に対する意識やニーズが大きな高まりを見せる中、一旦食品事故が発生すると企業経営に重大な影響を及ぼすことがあります。ISO 22000を導入することにより、企業の食品安全管理をレベルを高め消費者により安全性の高い食品提供が可能になります。
・食品安全のリスク低減を通じた消費者からの信頼獲得
・原材料の調達段階や流通段階の情報の確実な把握
・法令順守(コンプライアンス)の推進
・食品安全方針宣言のもと、目標管理を通して組織体制の継続的改善が可能

(2)FSSC 22000導入の必要性
FSSC 22000は、食品安全マネジメントシステムの国際規格であるISO 22000と、それを発展させたISO/TS 22002-1及び追加要求事項を統合し、国際食品安全イニシアチブ(GFSI)が制定したベンチマーク承認規格です。
世界の大手小売業者や大手食品メーカーに対して、組織の食品安全マネジメントシステムの有効性をアピールでき、信頼を獲得することができます。
FSSC 22000 認証取得のメリットは、GFSI承認の認証スキームを受け入れている世界の大手小売業者や大手食品メーカーの取引条件を満たすこと、適切な前提条件プログラムの構築と運用による食品安全ハザードのリスク低減、取引先による監査の低減やそれに伴うコスト削減などです。

↑このページのトップへ

JACO審査の特徴

(1)JACOは日本で最初にUKAS(※)から認定を受けた審査機関です
  ISO 22000は2005年に規格化され、2007年に認証機関への認定規格(ISO 22003)が制定されました。JACOはいち早く2007年10月にUKASから国内最初の認定を受けました。
  海外へ製品を輸出されている企業様にとって、世界的にネームバリューのある「UKAS」認定マークは、お取引に食品安全に対する信頼を高める効果があります。
(※)UKAS(United Kingdom Accreditation Service)は英国認証機関認定審議会です。
(2)JACOは日本で最初にJABからK(装置の製造)カテゴリの認定を受けた審査機関です
  JACOは2011年9月に日本で最初にJABからK(装置の製造)カテゴリの認定を受けました。
(3)中小から大手まで幅広い企業様の認証を行っています
  JACOは中小規模(20数名)から上場企業(プリマハム(株)、他)まで、幅広い企業様の認証を行っています。
(4)JACO審査員は、フードサプライチェーンの幅広い業種の中で、実務・管理職経験を重ねたベテラン揃いです。
各現場に精通した知識と経験を持ち、企業様の食品安全マネジメントシステムにお役に立てる審査を提供できます。出身業種としては、食品メーカー、ケータリング、大手流通業、薬品メーカー、分析センター等多岐に渡ります。
(5)お客様アンケート結果による評価
  お客様アンケート結果から、経営者満足・課題指摘力などに高い評価を頂いています。

FSMS

  経営者満足では85%、課題指摘力では92%の企業様で非常に良い・良い(5段階評価で4以上)の評価を頂いています。
(6)最新情報提供や各種交流会開催を行っています。
 (1)毎年認証組織様を対象に「ISO友の会」を無料で開催しております。
  各マネジメントシステムでの構築事例や成功事例、最新情報が報告され、活発な質疑応答が行われています。  ISO 22000では、以下の発表事例があります。
 ・「ISO 22000を取得して」 豆腐メーカー様 
 ・「ISO 22000食品安全マネジメントシステムの取り組み」 生鮮加工センター様 
 ・「QVP+活動の取り組み」 食品機械装置メーカー様: 
 (2)同業種/異業種間交流会の開催も実施しております。

↑このページのトップへ

JACOの認証範囲

※ 認定基準(ISO/TS 22003)の移行が認められました。
 (2015年6月にJAB認定、2016年3月にUKAS認定を受けました。)
  新しい認定基準(ISO/TS 22003:2013)の場合、カテゴリコードの変更があります。

カテゴリコードカテゴリISO 22000FSSC 22000
JABUKASUKAS
A畜産・水産(動物生産)
B農業(植物生産)
C食品製造
D動物の飼料製造
Eケータリング
F流通
G輸送及び保管サービスの提供
Hサービス
I食品包装,及び包装資材の製造
J装置の製造
K(生化学)化学製品の製造◎(※1)◎(※1)


【参考】従来のカテゴリ(ISO/TS 22003:2007)での認証範囲
カテゴリコードカテゴリISO 22000FSSC 22000
JABUKASUKAS
A畜産・水産業(動物)
B農業(植物)
C加工1
(腐敗しやすい動物性製品)
農業生産後のすべての活動、
例えばと殺を含む
D加工2
(腐敗しやすい植物性製品)
E加工3
(常温での長期保存品)
F飼料生産
Gケータリング
H流通
Iサービス
J輸送及び保管
K装置の製造
L(生化学)化学製品製造 ◎(※1)
M包装材料製造


「JACOの認証範囲」とは、JACOが認定機関(JAB、UKAS等)から認定を受けた上で認証可能な範囲のことです。
◎認定済み
※1:範囲限定(食品添加物)

2016.3.8現在

― 順次認定範囲の拡大を計って参ります ―

↑このページのトップへ

お客様の声(FSSC 22000認証取得事例:プリマハム株式会社様)

FSSC 22000認証取得事例

プリマハム株式会社 生産本部品質管理部

食品安全への取り組み
 当社では、経営理念に「商品と品質はプリマの命」と掲げております。食品安全は最優先事項として、お客様の視線に立った、安全・安心でおいしい商品の提供を心がけ、世の中に「なくてはならない会社」を目指しています。

認証の狙い、取得を決断した理由
 FSSC 22000の一般衛生管理に関する要求事項は、建物の構造、ユーティリティー、資材の管理、要員の一般衛生、フードディフェンスなど14項目にわたり、やるべきことが明確かつ詳細に示されています。これまでに当社は、HACCPやISO 22000、AIB国際検査統合基準などを組み合わせて食品安全管理体制を構築して参りましたが、これをさらに強固なものにするためにFSSCが最適と判断し、取組むことと致しました。

認証活動で注意したところ。ここだけは、こだわった
 認証を取得することを目的とせずに、なぜこの要求事項があるのか、その本質をよく考えながら活動し、現場改善することに重点を置きました。

実施してよかったところ。変わってきたところ
 構築していく中で、特にボイラーや圧縮エアー、空調設備などのユーティリティー関連における危害分析の重要性について再認識することができました。
 また、構築チームには、総務部門、生産技術部門からも参加したことで、今まで以上に工場全体で食品安全に取り組む姿勢になりました。

今後、実施したいこと
 今回は、改善活動のモデル工場と位置づけていた三重工場と子会社の秋田プリマ食品(株)で認証取得しました。今後は、この2工場で構築したものを他の工場へ展開していきたいと考えています。

【FSSC 22000登録証授与式の様子;
 日本環境認証機構蛭田社長(右)、当社松井社長(左)】


">FSSC 22000認証取得事例紹介(プリマハム株式会社様

↑このページのトップへ

お客様の声(FSSC 22000認証取得事例:東亜食品工業株式会社様)

FSSC 22000認証取得事例

東亜食品工業株式会社

1945年(昭和20年)11月創業、現在68年目を迎える従業員約50名の乾麺製造メーカーです。主要品目は、そうめん、うどん、日本そばなどの乾麺・半生麺など。
販売エリアは日本国内全域、および欧米など10ヶ国以上の海外輸出先が有ります。


食品安全への取り組み
2002年 7月 乾麺HACCP認証取得(業界第一号)
2005年12月 ISO 22000認証取得(業界第一号)
2012年12月 FSSC 22000認証取得

経営者の思い・理念
古来より人々に食されている乾麺を、より美味しく食べていただくために製造環境の衛生管理を徹底し、誰が見ても安全であると確認されていることが必要不可欠です。
食品安全に基づくお客様との信頼関係を築き上げることによりお客様が安心して美味しく食事していただけることにつながり、私どもが目標とする、お客様の心と舌を十分に満足させられる食事の提供が可能になります。

認証の狙い。取得を決断した理由
食品安全の認証取得は決してゴールではなく、あくまで製造環境要因の一つと考えています。ただ自己管理のみでの維持・向上は非常に困難で、第三者による認証が必要と判断しHACCP→ISO 22000→FSSC 22000へとステップアップしてきました。
今回FSSC 22000への取り組みを決断した最大の理由は今後の海外輸出の拡大を視野に入れている中で、その必要性を強く感じたからです。実際海外企業との取引要件として当社が既に取得していたISO 22000では不十分だと判断されたことがFSSC 22000認証取得への最初のきっかけにもなっています。

認証活動の注意点、こだわり
食品安全システム認証は第一にお客様のためのものであり、その事を全ての従業員が理解し行動することが肝要です。今回のFSSC 22000認証取得にあたり、ISO 22000と比較して要求事項のレベルアップが必要な項目(前提条件プログラム等)を謙虚に見直し原点に立ち還って再構築いたしました。
「手順は極力簡素に、言葉は出来る限り平易に、そして行動は100%確実に。」を心がけて全員一丸となって取り組みました。ただし重要事項は一切の妥協を許さない基本的な考えは貫き通し、この変わらぬ取り組み姿勢が当社のこだわりであり財産です。

実施してよかったこと、変わったこと
最初に食品安全システム認証に取り組み始めて13年間、様々な苦労も有りましたが従業員全員の創意工夫とたゆまぬ努力の結果、FSSC 22000認証取得できました。
最大の利点は、お客様の要求する食品安全レベルの実現にまた一歩近づけたことです。
そして、製品の安全レベルの高まりが商品の品質や食味の向上・安定に多大な効果をもたらしています。
次の利点は、当社が自ら目標を設定し、自ら責任ある行動し、自ら結果を出すことのできる企業になれていることに有ります。このことは当社の、そして従業員一人一人の自信と誇りにつながり高いレベルの責任感をもつことにもつながっています。

FSSC22000認証取得事例紹介(東亜食品工業株式会社様)

↑このページのトップへ

月刊HACCP掲載(ISO 22000取得事例:札幌バルナバフーズ様)

「月刊HACCP」2016年6月号に、札幌バルナバフーズ様の記事が掲載されました。

「月刊HACCP」2016年6月号「伸びる企業の安全確保・品質管理」より
記事概要はこちら ⇒月刊HACCPウェブページ(リンク:http://www.keiran-niku.co.jp/haccpsp/2016.html#m06

↑このページのトップへ

月刊HACCP掲載(FSSC 22000取得事例:今村商店・千歳工場様)

「月刊HACCP」2016年7月号に、今村商店・千歳工場様の記事が掲載されました。

「月刊HACCP」2016年7月号「伸びる企業の安全確保・品質管理」より
記事概要はこちら ⇒月刊HACCPウェブページ(リンク:http://www.keiran-niku.co.jp/haccpsp/2016.html#m07

↑このページのトップへ

月刊HACCP掲載(ISO 22000取得事例:江戸清様)

「月刊HACCP」2016年8月号に、江戸清様の記事が掲載されました。

「月刊HACCP」2016年8月号「伸びる企業の安全確保・品質管理」より
記事概要はこちら ⇒月刊HACCPウェブページ(リンク:http://www.keiran-niku.co.jp/haccpsp/2016.html#m08

↑このページのトップへ

月刊HACCP掲載(FSSC 22000取得事例:西日本ベストパッカー様)

「月刊HACCP」2016年10月号に、西日本ベストパッカー様の記事が掲載されました。

「月刊HACCP」2016年10月号「伸びる企業の安全確保・品質管理」より
記事概要はこちら ⇒月刊HACCPウェブページ(リンク:http://www.keiran-niku.co.jp/haccpsp/2016.html#m10

↑このページのトップへ

月刊HACCP掲載(FSSC 22000取得事例:南日本フーズ様)

「月刊HACCP」2016年11月号に、南日本フーズ様の記事が掲載されました。

「月刊HACCP」2016年11月号「伸びる企業の安全確保・品質管理」より
記事概要はこちら ⇒月刊HACCPウェブページ(リンク:http://www.keiran-niku.co.jp/haccpsp/2016.html#m11

↑このページのトップへ

セミナーのご案内

JACOでは、受講者のニーズに沿ったセミナーを多数ご用意しております。
【無料セミナー】
FSMS或いはFSSC等の導入を検討されている方に、食品安全マネジメントシステムの概略をわかりやすく理解して頂きます。
【有料セミナー】
各種有料セミナーについては研修・セミナーのページでご紹介しておりますので、是非ご検討下さい。
また、ニーズに応じて出張セミナーも致しますので、お気軽にご相談下さい。
http://www.jaco.co.jp/cgi-bin/seminar/semilist.cgi?s=4
なお、各コースの体系については下記をご参照下さい。


注)1 FSMS/FSSC 22000 規格解説コース2日 の内容は
    ※@とAの組み合わせです。
注)2 FSMS(ISO 22000:2005) 内部監査員養成コース2日 の内容は
    ※@とBの組み合わせです。
注)3 FSSC 22000 内部監査員養成コース2日 の内容は
    ※AとBの組み合わせです。
注)4 FSSC 22000 内部監査員養成コース3日 の内容は
    ※@ABの組み合わせです。
注)5 FSMS(ISO 22000:2005)内部監査員養成コース1日の受講に際しては、
    原則として過去1年以内に@を受講されていることを条件とします。
注)6 FSSC 22000 内部監査員養成コース2日 の受講に際しては
    原則として過去1年以内に@を受講されていることを条件とします。

↑このページのトップへ

JACO食品安全フォーラムの開催について

2016年7月26日(火)に、食品業界における国内外の最新トピックスについて、専門家でいらっしゃる湯川氏と杉浦氏から、次の通りご講演を頂きました。

「ISO 22000の最新の改訂状況 FSSC 22000の動向 日本発新スキームの内容」
  東京海洋大学 先端科学技術研究センター 
  教授 湯川 剛一郎 氏

「米国食品安全強化法(FSMA)におけるリスクベースの 予防的管理の考え方と実施方法を学ぶ」
  株式会社鶏卵肉情報センター
  代表取締役社長 杉浦 嘉彦 氏

【会場の様子】
当日は多くの方々にご参加頂き、
「食品安全マネジメントシステムの最新情報のみならず、規格がどのように作成されるのかもわかり大変興味深かった。」
「HACCPの理解を深めることができました。」
「 ISO 22000とOPRPについてより理解を深めました。FSMAについて知ることができました。」等、ご好評を頂きました。

JACOでは、引き続き、食品安全に関する最新情報を提供いたします。

↑このページのトップへ

認証及び維持手順

関連リンク:認証及び維持手順

↑このページのトップへ

FAQ

<ISO 22000>
Q1;ISO 22000とHACCP及び総合衛生管理製造過程との関係は?
A1;いずれもHACCPを基礎とした食品安全マネジメントシステムで、HACCPは、システム構築指針、総合衛生管理製造過程は、日本の食品衛生法で規定された認証制度で、ISO 22000は、HACCPを基礎にマネジメントシステムとして国際標準化したものです。
HACCPは、国連の国連食糧農業機関(FAQ)と世界保健機構(WHO)の合同機関である食品規格(Codex)委員会から発表され、各国にその採用を推奨している国際的に認められた管理手法です。

Q2;ISO 22000認証取得のメリットには、どのようなものがありますか?
A2;ISO 22000認証によって、以下の代表的ないい点があります。

<対消費者>;食品安全を企業の社会的責任として位置づけることで企業姿勢への理解が得られ、システムを確実に運用することで、結果的に顧客満足を高めることができる。
<対取引先>;認証取得の公表により国際標準に適合した管理体制が整っていることを示すことができ、国内外の企業にアピールできる。
<法規対応>;法令、規制要求事項に確実に対応することにより、組織が法律違反を犯す可能性を排除する。また、食品関係の法規制の最新情報が入手できる仕組みができ、新法規への対応が確実になる。
<社内体制>;食品安全方針の宣言をもとに、目標管理を通して組織体制の継続改善が図れる。経営トップから従業員まで、全員の食品安全に対する意識が高まる。また、食品安全マネジメントシステムの運用で、食品事故を予防し、また、問題発生時の速やかな対処が可能になる。

Q3;施設や設備がふるいのですが、ISO 22000の認証のため設備を新しくする必要がありますか?
A3;今までの施設や設備でもISO 22000のシステムが構築できれば可能です。
 これまで、顧客の要望に堪えられている製品、サービスを提供されている施設及び生産設備を、ISO 22000の認証にあたって、設備を新たに更新しないと導入できないことはありません。既存の設備等で、食品安全上のリスクを管理できる食品安全マネジメントシステムを構築できれば認証の取得が可能です。

Q4;ISO 9001を取得していますが、ISO 22000の取得した場合にISO 9001を取りやめた場合のデメリットは何がありますか?
A4;ISO 22000は、食品に関わる企業の食品安全に特化したシステムであるため、ISO 22000にはないISO 9001のシステムの維持管理やシステム上のいろいろな変更管理が希薄になる可能性があります。
ISO 9001は、顧客満足に関する要求事項があり、顧客が要求する品質を満足する製品を継続的に提供するために必要なシステム構築が確実になります。また、製品・設計に対する要求事項があり、顧客の求める仕様を商品に確実に反映されているか確認がされ、ニーズにあった製品提供が実施できます。
 
Q5;工場単独で取得を考えていますが、生産に直接関与していない本社、営業、資材等も含めることができますか?
A5;製品提供に関わる業務範囲は、認証範囲にふくむことが原則です。
 5.6.1の外部コミュニケション、7.3.3.1の原材料の仕様決定に関わる業務、7.10.4の製品回収決定など、工場活動に加えて、経営層や全社管理機能の関与が必要です。

Q6;一つの工場の中で、限定した製造ラインでの認証取得は、可能ですか?
A6;可能です。該当するライン外からのハザードを考慮する必要があります。
 適用される範囲の特定が必要で、場合によっては、適用組織として限定が必要になります。また、適用する製品ラインに対する、交差汚染の影響について、ハザード分析に基づく、検証と管理が必要です。また、同じ製品を複数の製品ラインで生産する場合、一部の工程のラインのみを除外することは、できません。
組織、企業により状況が異なりますので、具体的状況について、担当者にご相談ください。

<FSSC 22000>
Q1;ISO 22000を取得していますが、FSSC 22000の認証取得は、ISO 22000の部分をはじめから認証を取り直す必要がありますか?
A1;取り直す必要は、ありません。IS/TS 22002-1等と追加要求事項についての審査を追加することで、認証が可能です。
既に構築されているISO 22000の一般衛生管理に関わる前提条件をより詳しく規定されているISO/TS 22002-1等の内容に対応いただき、追加要求事項を含めた部分の追加審査を実施することになります。そのため、FSSC 22000を始めて認証取得するより少ない費用で認証が可能です。

Q2;ISO 22000を取得していますが、FSSC 22000の認証取得に切り替え認証した場合のメリットには、どのようなものがありますか?
A2;FSSC 22000認証によって、以下の代表的ないい点があります。
 GFSI認証スキームが納入先から求められている場合、取引条件を満たすことになる。また、納入先からまだ要求が無い場合でも、競争企業との差別化ができます。
 さらに、IS/TS 22002-1等は、一般衛生管理の前提条件プログラムに対する要求事項がより詳細に規定されているために対応程度が明確になり管理面、経済面のムダ、無理が省けます。

Q3;FSSCの認証に関して、IS/TS 22002-1のみの認証は、できますか?
A3;FSSC 22000は、ISO 22000とIS/TS 22002-1と追加要求事項から構成されているため、IS/TS 22002-1のみの認証取得はできません。

Q4;ISO 22000を取得していますが、FSSC 22000の認証での追加工数は、どのくらいになりますか?
A4;最低限、1人日程度の加算となります。
 具体的には、担当窓口で見積もりさせていただきます。

Q5;ISO/TS 22002-1の要求事項は、全て適用する必要がありますか?
A5;除外が可能です。除外する場合は、ISO 22000の規定に従ったハザード分析と代替方法の検証結果による文書化が必要です。

↑このページのトップへ