履歴一覧

国内2番目のファシリティマネジメントシステム(ISO 41001:2018)認証を取得!近鉄ビルサービス株式会社様が2020年2月25日にISO 41001認証を取得されました。

 近鉄ビルサービス株式会社(大阪市 取締役社長 内藤博行、1972年12月22日設立) 様は同社が管理する複合ビル(大阪市天王寺区上本町)に対する「設備保守・清掃・環境衛生・保安警備・駐輪整理・案内・植栽・廃棄物管理のファシリティマネジメントサービス」を、2010年の開業以来、提供し続けて来られました。
この複合ビルを対象に今回の国際規格ISO 41001:2018の認証取得により設備、施設などの固定資産維持の管理に留まらず、省エネやコスト削減、従業員をはじめとした施設利用者の健康や働きやすさの実現といった広範囲にわたるサービス提供でのベストプラクティスへの貢献が期待されます。
登録範囲:本社(総務部、業務推進部、大阪第一事業部)
     複合ビル(大阪市天王寺区上本町:大阪第一事業部担当)
株式会社日本環境認証機構(JACO)はファシリティマネジメントシステム(ISO 41001:2018)の国内唯一の認証機関として、2020年3月4日に近鉄ビルサービス株式会社本社にて認証登録証の授与式を執り行いました。




ISO 41001認証登録証の授与式
(左:JACO 立上和男社長、右:近鉄ビルサービス 内藤博行社長)


【お客様の声】
 当社は、創業以来、お客様のビジネスパートナーとして、戦略的なビル経営の推進を目指してまいりました。今回、日本国内でISO 41001(FMS)規格が発行されたのを機に、認証取得に向けた取組みを開始し、令和2年2月25日、鞄本環境認証機構(JACO)様において認証を取得しました。
 今後は、当社が創業以来目指し実践してきた高度な管理技術と個々に培ったノウハウやナレッジをISO 41001の規格に従って業務プロセスを標準化し、ファシリティの持つ資産をトータルに活用しながら、FMマインドに根ざしたファシリティ本来の健康な状態を作り上げ、顧客満足、オーナー満足の向上に向け、グローバルな視点から経営戦略的管理を目指していきたいと考えます。

関連リンク:
近鉄ビルサービス株式会社
https://www.kintetsu-bs.co.jp/wp-content/uploads/2020/03/news20200309.pdf

近鉄グループホールディングス株式会社
https://www.kintetsu-g-hd.co.jp/news-kg/index.html

↑このページのトップへ