履歴一覧

中特グループ様が労働安全衛生マネジメントシステム(ISO 45001)の認証を取得されました

中特グループ様が、2020年1月24日に、国際規格ISO 45001:2018(労働安全衛生マネジメントシステム)の認証を取得されました。

登録証授与式


向かって右:中特グループ  橋本 ふくみ CEO
向かって左:株式会社日本環境認証機構  立上 和男 社長




中特グループの皆様



株式会社中特ホールディングス
CSR推進室 室長 遠藤 清治

経営者の思い・考え
安全衛生・防災はすべてに優先する考えのもと、グループで働くすべての人の安全と健康を確保することを最優先として取り組んでいます。
業務に関係する負傷,交通事故,および疾病を防止し、コミュニケーションを活発化し、5Sの行き届いた明るい職場作りをグループ全員で目指します。

認証取得を決断した理由
ISO認証取得活動は、管理者・安全衛生委員だけに止まらず、グループ全員末端の1人ひとりまでリスクの低減、PDCAによる継続的改善を浸透定着させ悲願の災害事故0を実現する、その有力な手段の1つとして、経営目標と安全衛生目標を統合一体化させ、労働衛生パフォーマンスの向上を実現し、災害事故撲滅を達成するために取組みました。

労働安全衛生への取組み
安全衛生委員長のもと、安全・環境・CSRを担当するCSR推進室を中心に各部門管理者・安全衛生委員・内部監査員が職場の核となってリスクアセスメント,KY活動,安全衛生目標の達成などに取組んでいます。
各部門からリスクアセスメント研修セミナーに派遣し、リスクアセスメントの浸透定着を図っています。

認証活動で苦労した点、こだわった点
安全衛生活動,リスクアセスメント活動を全員参加の活動とすること、そのために多くのメンバーをリスクアセスメントセミナーへ派遣するとともに、グループ員の約1/4(25名/100名中)の内部監査員候補者を選び、ISO勉強会を開催し、ISOの習得を推進しました。

認証取得をして良かった点
ISO認証取得し、安全衛生活動が1段階上がったことは間違いありませんが、まだスタートラインに立つところであり、今後、グループ全員参加した活動によって「災害事故の撲滅!」を実現して初めて良かった、と言えるのではないかと思っています。

今後の期待と進め方
労働安全衛生方針に沿って、中特グループ全員で次の項目に取組みます。
1.災害事故の撲滅を図ります
2.安全衛生水準の向上を図ります
3.法令およびその他の要求事項を遵守します
4.健康保持・健康増進を推進します
5.5Sの行き届いた明るい職場作りを推進します

↑このページのトップへ