履歴一覧

2017年10月10日 富山県を拠点とする組織として初のISO 55001認証取得!道路、橋梁、下水道、河川、砂防及び海岸・海洋施設におけるアセットマネジメントに関するコンサルティングで認証取得「株式会社 新日本コンサルタント」

 株式会社 新日本コンサルタント(富山県富山市、代表取締役社長 市森友明)様が、弊社より、富山県を拠点として活躍する組織として初のISO 55001(アセットマネジメントシステム)の認証を取得されました。
 ISO 55001は、現場レベルでのPDCAに加えて、組織全体の目標から資産(社会インフラ分野:下水道・道路・橋梁・鉄道など)管理の目標・計画・実施からその評価・改善に至る組織全体のPDCAサイクル、及びそのサイクルを上手に回転させるための支援の仕組みを含めたシステム全体のことです。ISO 55001を導入することで資産を管理する組織全体の業務の進め方を改善できます。
 今回、株式会社 新日本コンサルタント様では、道路、橋梁、下水道、河川、砂防及び海岸・海洋施設におけるアセットマネジメントに関するコンサルティングを登録範囲として、ISO 55001の認証を取得されました。尚、株式会社 新日本コンサルタント様の設計計画本部、管理本部 総務経理グループ、営業本部 本社企画営業グループ、小矢部事務所、新川営業所、魚津営業所、立山営業所、中新川営業所、射水営業所、高岡営業所、砺波営業所、南砺波営業所、氷見営業所を認証組織とされました。

ISO 55001認証登録証の授与式
(左:JACO 立上社長、右:新日本コンサルタント 市森社長)


お客様の声(阿曽専務取締役様)
当社は以前より、業務として、行政のアセットマネジメントに関わってまいりましたが、この度の認証活動を通し、これまで培ったノウハウを当社のアセットマネジメントシステムとして体系化でき、会社全体として、アセットマネジメントへの理解が深まり、業務に対する意識が高まったと感じております。
今後は、規格への適合性を維持・改善していくことにより、今まで以上にアセットマネジメントに関する技術開発や業務の効率化を図り、高い水準の技術サービスを提供し、官民一体となり社会インフラの老朽化問題に取り組み、地域社会の持続可能性の担保に貢献していきたいと思います。
また、この国際規格の認証取得により、当社の新たなチャレンジとして、包括的民間委託事業、PFI 事業、海外アセット保有型事業等のビジネス展開の可能性が大きく広がったと感じております。

関連リンク:
  1)株式会社 新日本コンサルタント
http://www.shinnihon-cst.co.jp/news/nix_news/20171101.html

↑このページのトップへ