履歴一覧

2015年12月22日 下水道処理施設の包括委託業務でISO 55001認証「株式会社西原環境」

 株式会社西原環境(東京都港区、代表取締役社長 ミシェル・フンフシリング)様が、弊社より、下水道処理施設の包括委託業務でISO 55001(アセットマネジメントシステム)の認証を取得されました。
 ISO 55001は、現場レベルでのPDCAに加えて、組織全体の目標から資産(社会インフラ分野:下水道・道路・橋梁・鉄道など)管理の目標・計画・実施からその評価・改善に至る組織全体のPDCAサイクル、及びそのサイクルを上手に回転させるための支援の仕組みを含めたシステム全体のことです。ISO 55001を導入することで資産を管理する組織全体の業務の進め方を改善できます。
 今回、株式会社西原環境様では、下水道処理施設の包括委託業務を登録範囲として、ISO 55001の認証を取得されました。尚、実証サイトは「日進市北部浄化センター」及び「相野山浄化センター」とし、株式会社西原環境の「O&M本部技術支援室」、「CA 本部 ISO推進室」及び「中部支店 営業グループ」を認証組織とされました。


ISO55001認証登録証の授与式
(左:JACO 蛭田社長、右:西原環境 ミシェル・フンフシリング社長)


お客様の声(伊藤様)
 株式会社西原環境は水処理施設の建設・更新・維持管理を事業分野とする総合エンジニアリング企業です。
 下水道処理施設(包括委託業務)でのISO55001取得では、品質及び環境マネジメントシステムで構築した仕組みを活用し、リスクマネジメント等のISO55001固有の要求事項を審査員の方々による厳格な審査を経て、認証を得ることができました。
 今後は、これに満足することなく継続的に改善を積み重ね、さらなる顧客満足の向上を図ってまいります。


【関連リンク】
株式会社西原環境
http://www.nishihara.co.jp/

↑このページのトップへ