履歴一覧

ISO9001:2015、ISO14001:2015に基づきJACOとして初の認証を実施

当機構は、11月11日、以下の3組織に対してISO9001:2015およびISO14001:2015に基づくJACOとして初の認証を行いました。
(組織名は五十音順)

・清川メッキ工業株式会社 様
 (ISO14001:2015 登録証番号 EC97J1126)
 (ISO9001:2015 登録証番号 QC01J0138)

・日本ウエストン株式会社 本社工場 様
 (ISO14001:2015 登録証番号 EC15J0011)

・株式会社日立製作所 交通システム社 本社及び笠戸事業所 様
 (ISO14001:2015 登録証番号 EC97J1158)

ISO9001(品質マネジメントシステム)およびISO14001(環境マネジメントシステム)は、それぞれ2008年版および2004年版から改訂が進められてきましたが、本年9月15日付にてISO9001:2015、ISO14001:2015として改訂版が正式に発行されました。両規格共に、共通テキスト(ISO/IEC専門業務用指針 附属書SL)に従った構成であることから、今後はマネジメントシステムの統合が、活発化することも予想されます。上記の清川メッキ工業株式会社様の認証はその動向を先取りしたものです。

当機構では、ISO 9001:2015およびISO14001:2015に基づく移行審査を受け付けています。また、すでにISO 9001:2008およびISO14001:2004の認証を取得済みの組織がスムーズにISO 9001:2015及びISO14001:2015へ移行できるよう、通常の第一段階審査の範囲内にて「ギャップ分析」(※1)や「段階的移行審査」(※2)などのオプションサービスの提供、および移行に関わる種々のセミナー(※3)の開催など、充実したサポート体制を整えています。規格改訂を契機に、ぜひ当機構のサービスをご利用ください。

※1 ギャップ分析:組織において現在運用しているマネジメントシステムを2015年版規格の要求事項に照らし、その差異について評価します。移行のためのマネジメントシステム改定の指針として利用いただけます。

※2 段階的移行審査(評価):移行審査に先立って、2015年版に改定されたマネジメントシステムが構築されている状況の評価を行い、不適合の可能性が懸念される領域を特定します。実際の運用前の状況にある場合でも評価は可能です。また、移行期間内であれば、何回でも実施可能です。有効なマネジメントシステムを稼働させる上で時間的余裕が生まれるメリットがあります。

※3 規格改訂対応のセミナー:以下のHPを参照ください。
  セミナートップページ:
  http://www.jaco.co.jp/seminar/index.htm
  マネジメントシステム規格改正対策セミナー:
  http://www.jaco.co.jp/cgi-bin/seminar/semilist.cgi?s=11

↑このページのトップへ