履歴一覧

2015年3月24日 自治体で2例目、公社で日本初!ISO 55001認証「愛知県/愛知水と緑の公社」

 愛知県は公益財団法人愛知水と緑の公社と協同で、流域下水道の管理運営事業においてISO 55001(アセットマネジメントシステム)の認証を取得されました。
 全国の自治体では、昨年の仙台市に次いで2例目となります。また、公社としては、日本初の認証取得です。
ISO 55001は、現場レベルでのPDCAに加えて、組織全体の目標から資産(社会インフラ分野:下水道・道路・橋梁・鉄道など)管理の目標・計画・実施からその評価・改善に至る組織全体のPDCAサイクル、及びそのサイクルを上手に回転させるための支援の仕組みを含めたシステム全体のことです。ISO 55001を導入することで資産を管理する組織全体の業務の進め方を改善できます。
 今回、愛知県は国土交通省が実施した「下水道分野におけるISO55001試行認証」に選定され、ISO55001認証に取り組まれています。愛知県内の11の流域下水道の内から、「五条川左岸」、「新川東部」、「新川西部」の3流域下水道の処理場施設等の管理運営事業を対象として、公益財団法人愛知水と緑の公社と協同で、ISO55001の認証を取得されました。


ISO55001認証登録証の授与式
(左から JACO 蛭田社長、愛知県建設部 市川部長、
愛知水と緑の公社 八代理事長)



【関連リンク】
1)愛知県
http://www.pref.aichi.jp/0000079743.html
2)愛知水と緑の公社
http://business3.plala.or.jp/awg/hp_gesui/pdf/ISO55001ceremony.pdf

↑このページのトップへ