履歴一覧

2015年3月24日 日本初! 製造業での ISO 55001認証「積水化学工業株式会社」

 積水化学工業株式会社(大阪府大阪市、代表取締役社長 下貞二)様が、弊社より、製造業で日本初のISO 55001(アセットマネジメントシステム)の認証を取得されました。
 ISO 55001は、現場レベルでのPDCAに加えて、組織全体の目標から資産(社会インフラ分野:下水道・道路・橋梁・鉄道など)管理の目標・計画・実施からその評価・改善に至る組織全体のPDCAサイクル、及びそのサイクルを上手に回転させるための支援の仕組みを含めたシステム全体のことです。ISO 55001を導入することで資産を管理する組織全体の業務の進め方を改善できます。
 今回、積水化学工業株式会社では、下水道管路施設の包括委託業務を登録範囲として、ISO 55001の認証を取得されました。尚、実証サイトは河内長野市とし、積水化学工業株式会社の環境・ライフラインカンパニーの包括事業部門と河内長野下水道ステーションを認証組織とされました。


ISO55001認証登録証の授与式
(左:JACO 蛭田社長、
右:積水化学工業 環境・ライフラインカンパニープレジデント 久保肇)


お客様の声(田中部長様)
 最初は規格要求事項の漠然とした表現に戸惑い、何から手を付ければよいのか途方に暮れていましたが、アセットマネジメントを実践しているのであるから規格に大きく外れるような事はやっていない、という信念を持って認証に取り組みました。
 ギャップ分析で審査員の方々からご指摘をいただくことで、日々行っている業務のアセットマネジメント全体における位置づけ、重要性、実施上の留意点を認識し、改善点を明らかにしていくことができました。認証活動を通じて、特にリスクマネジメントや変更管理を強く意識した業務ができるようになったと感じています。
 今後は、規格をより一層社内に浸透させ、業務改善に活かしていきたいと思います。


【関連リンク】
積水化学工業株式会社
http://www.sekisui.co.jp/print/newspr15/1261411_23483.html

↑このページのトップへ