履歴一覧

2015年3月24日 日本初! 建設業、道路事業での ISO 55001認証「株式会社ガイアートT・K」

 株式会社ガイアートT・K(東京都新宿区、代表取締役社長 前山俊彦)様が、弊社より、建設業及び道路事業で日本初のISO 55001(アセットマネジメントシステム)の認証を取得されました。
 ISO 55001は、現場レベルでのPDCAに加えて、組織全体の目標から資産(社会インフラ分野:下水道・道路・橋梁・鉄道など)管理の目標・計画・実施からその評価・改善に至る組織全体のPDCAサイクル、及びそのサイクルを上手に回転させるための支援の仕組みを含めたシステム全体のことです。ISO 55001を導入することで資産を管理する組織全体の業務の進め方を改善できます。
 今回、株式会社ガイアートT・K様では、白糸ハイランドウェイ(軽井沢町の全長10kmの有料道路)の運営を対象として、株式会社白糸ハイランドウェイと共同で、ISO55001の認証を取得されました。


ISO55001認証登録証の授与式
(左:JACO蛭田社長、右:ガイアートT・K 前山社長)



お客様の声(鈴木部長様)

   アセットマネジメントシステムISO55001導入にあたって

民間経営の有料道路でも利用者からは公共サービスとしての道路として理解されている。
限られた財源の中でインフラの安全性を高めるとともに利用者、利害関係者に「どのようなサービスが提供できるか」が事業運営の鍵と考える。そのためにも長年の維持管理技術の経験を基に、効率的維持管理の確立を目指してきた。しかし、維持管理業務は同じような小さな作業の繰り返しであり、時間に流されてしまいがちである。アセットマネジメントシステムISO55001導入は、単に「資産の保全」という観点だけではなく、その日常の「作業から」ロジカルにその価値を見出すことの出来る「仕事に」し、担い手に今以上に誇りと問題解決能力を向上させ、利用者、利害関係者には明快に事業運営の説明を果たせることのできる証である。まさに組織と顧客とを統合した価値創造型ビジネスモデルのマネジメントシステムとも言える。普段より常に上流の目的とビジョンを意識したVE手法の活用が全体最適なシステム作りに大きな役割を果たしたと思う。またこのシステムはPDCAにおいても柔軟に対応できることが担い手として大きな魅力である。弊社としては公共の新しい維持管理契約の仕組みの基盤としても展開していきたい。


【関連リンク】
1)株式会社 ガイアートT・K
http://www.gaeart.com/topics/topix_detail.php?id=79
2)株式会社 白糸ハイランドウェイ
http://karuizawa-shw.jugem.jp/?eid=211
3)株式会社 熊谷組
http://www.kumagaigumi.co.jp/press/2015/pr_150407_1.html

↑このページのトップへ