履歴一覧

アセットマネジメントISO55001パイロット認証を国交省から受注

 日本水工設計・アビームコンサルティング・日本環境認証機構・三菱総合研究所の4社は、共同で国土交通省水管理・国土保全局下水道部から平成25年度業務として「下水道分野の国際標準化に関する戦略・対応検討業務」を受注しました。
 今年度秋に発行が予定されるISO5500X(アセットマネジメント)は我が国の下水道マネジメントの向上に寄与することが期待されます。また、ISO5500Xシリーズの中の認証規格であるISO55001については、各国でのグローバル調達の際に認証が入札条件とされる可能性があり、自治体などの運用事業者だけでなく、同分野でトータルソリューションにより海外展開を目指す企業にとってもISO55001認証取得が求められます。
 このため、ISO5500Xの発行に備え、ISO5500Xの国内下水道事業への導入や認証取得について検討するとともに、規格の普及を行ないます。具体的にはISO5500Xの試行認証とガイドラインの作成を行ないます。試行認証の対象は自治体と企業の二つの組織が予定されています。
 JACOはこの業務を通じて、下水道分野での認証ノウハウを適用し、社会インフラのすべての分野でのアセットマネジメント普及に貢献いたします。さらに、社会インフラの老朽化に対する国民の負担を最小限にしながら、社会インフラの安全性を確保するためのISO5500Xを普及させることにより、JACOは安全安心社会づくりに貢献して行きます。

↑このページのトップへ